行政書士かしい法務事務所(公式)福岡市東区香椎/千早

「遺言・相続、離婚や暮らしの法務」「事業法務(許認可、法人設立など)」「在留資格」は当事務所にお任せください☆

TEL:092-410-0744
✉ kashii@honey.ocn.ne.jp
福岡市東区香椎駅前2丁目4-11第2今林ビル403

☆成年後見制度の利用支援 ← 詳しくはコチラ

☆成年後見制度の利用支援 ← 詳しくはコチラ

高齢化や障がいなど様々な理由で判断能力が不十分になると、相続人になった場合の遺産分割協議や介護保険サービスや施設・医療機関との契約など様々法律行為ができなくなります。また、不動産・預貯金等の財産の管理を行うことも困難になってきます。

また、事業者側としても「判断能力の欠如する者」との契約は後に無効とされる危険性が高かったりします。

当事務所では、判断能力に心配が出てきた方のために「成年後見制度の支援」をさせて頂きます。

ご自身やご家族で、高齢・障害等の理由でご心配の方がおられましたら、ぜひ一度ご相談ください。

(報酬目安)

  • 任意後見契約の起案及びサポート :  5万円 ~
  • 成年後見利用の相談・サポート  :  2万円 ~

問い合わせ: 行政書士かしい法務事務所

福岡県福岡市東区香椎駅前2丁目4-11第2今林ビル403
TEL 092-410-0744
FAX 092-410-0745
メール kashii@honey.ocn.ne.jp

(参考)

「成年後見制度」には任意後見と法定後見があります。

  •  現在は判断能力があるが将来的に不安な場合 = 任意後見契約 
    → 「事前に」自分の希望する相手を後見人に選び、自分の生活・療養看護・財産管理に関する希望する事務の代理権を与える契約。
    そして判断能力が衰えてきたときに効力を生じさせるもの。
  •  現時点で判断能力が無いと思われる場合 = 法定後見制度(成年後見・保佐・補助)
    → 契約を結ぶ場合には成年後見制度の利用が必要となる。

« »