行政書士かしい法務事務所(公式)福岡市東区香椎/千早

「遺言・相続、離婚や暮らしの法務」「事業法務(許認可、法人設立など)」「在留資格」は当事務所にお任せください☆

TEL:092-410-0744
✉ kashii@honey.ocn.ne.jp
福岡市東区香椎駅前2丁目4-11第2今林ビル403

「請求書を分けて出してもらえば良い?」建設業

「請求書を分けて出してもらえば良い?」建設業

先日、ある士業の方と建設業許可の話をしていたところ、まだ建設業許可をもたれていない業者さんが一定額以上の工事を受ける場合には「請求書を分けて出してもらえばいいんでしょ」なんて、当然のような顔で発言をされる方がおられました。

この方っておそらく建設業を営まれてる方に対して、許可を持っていない業者さんに「請求書は500万円未満に分けて出してもらえば大丈夫」なんてアドヴァイスしてるんじゃないかな~~なんて気がしてきました。

結論から言うと、これでもダメです。

分割発注も工事としては1件にみなされますので、総額で判断されますし、実際には一定額以上の工事って登録されますので、調べれば専任技術者も含めて、工事の額については分かってしまいます。

工事の受け方のテクニックとしては色々あるようですが、「単純に請求書を分割して発行してもらう」という安直な方法ではお付き合いしてる業者を危険な目に合わせることになってしまいます。

やっぱり、僕ら行政書士がコンサル的な部分で関わる必要がありそうなので、建設業と行政書士はやっぱり良い付き合いをしなければいけないですね。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です