行政書士かしい法務事務所(公式)福岡市東区香椎/千早

「遺言・相続、離婚や暮らしの法務」「事業法務(許認可、法人設立,契約書など)」「在留資格・帰化」は当事務所にお任せください☆

TEL:092-410-0744
✉ kashii@honey.ocn.ne.jp
福岡市東区香椎駅前2丁目4-11第2今林ビル403

未分類

土曜日は2支部の懇親会~マリエラディナークルーズ

今週の土曜日は支部の懇親会としてマリエラディナークルーズです。

いや~~~~、せっかくのディナークルーズなのに天気が微妙な予報ですね~~(笑)

僕は朝からADR研修があってるので、終わってから直行の予定です。

マリエラは約2年ぶりぐらいになると思いますが、懇親会の参加者の顔ぶれも少しずつ変化が見られるようになってきたイメージですし、また新しい交流ができるといいな~と思っております。

とりあえず、マリエラを楽しめるように溜まってる業務も頑張って片付けようっと。

根拠のない自信

僕も若い頃は根拠のない自信で行動しまくりでした。

大きな流れとしては、中学時代はプロサッカー選手になるものだと思ってたり、その後は、バンドでメジャーデビュー(歌やギター)、その後は司法試験に合格して弁護士って感じです(笑)

いや~~、夢というより、本気でなるって思ってました(笑)。多くの人からすると、失笑レベルなのだろうと思いますが、この根拠のない自信って若者には必要なものだと思い、特権でもあると思ってます。

でも、年を重ねるとなかなか勇気が必要ですね~~。ほんと。

チャップリンは「いいかい、もし、良いと思ったら、 どうやろうかなどと決して心配するな。 つまり直感だよ。」って言ってます。
何かをするためには「直観」を大事にしてもいいんだ~~っていう力をもらえます。

色々と理屈や根拠など考えてしまうけど、根拠はなくても直観を信じて進もっかな~~って思っている今日この頃でもあります。

そういうのって、若者の特権だと思ってましたが、実は生きる上で大事なことなのかも

先日は県の総会に出席してきました

先日、5月25日は福岡県行政書士会の総会に東福岡支部の代議員として出席してきました。

今年の会場はヒルトンホテル。交通の便としてはいまいちでしたが、会場は広かったので席もゆとりがあり、その点では快適でした。初めて会場だったということもあり、今までと段取りも違い色々と賛否両論だったようですが、新しいことにチャレンジしてみるということが僕は素敵だと思います。現、執行部の方には期待です。

翌日はADR研修もあり、体力温存したくて懇親会には参加しませんでしたが、僕が支部の理事で代議員の資格があるうちに1度は参加してみてもよかったのかな~~なんて思ってみたり(笑)。

もしも、来年も理事を継続することになるようだったら、懇親会に参加してみようかな。

 

イニエスタ~~~~~~⚽

ついにFCバルセロナからイニエスタ選手の移籍が決定しましたね~~。

サッカー知らない人からすると、・・・って感じだと思いますが、これって本当に凄いことなんです。

もしかするとこれから日本サッカーが大きく変わる事件かもしれないぐらいです。

楽天の三木谷社長の会見のコメントでは下部組織なども意識していたようですので、もしかすると日本版バルセロナの礎を築くことになるかもしれないぐらいです。

アビスパ福岡はJ2なので、ヴィッセル神戸と試合する機会はないので、観れるとしたら、鳥栖か長崎だな~~。

まだトップレベルのうちに絶対見に行きたい。

 

収入ないけど、どうしても家にいれない人への提案

収入がなく実家に住んでいるけど、親や家族から暴行や、精神的な虐待を受けているなどの理由で、やむを得ず実家に居続けてる方って意外と多いようです。病気で働けない方なんてなおさら家を出れないですもんね。
そして、そんな方の中には家にいるのが本当に苦しくて、場合によっては自殺まで考える方も・・・。

そんな状況への対策は、色々な相談窓口はありはしますが、「生活保護」という方法も検討に入れても良いと僕は思います。

もちろん窓口では簡単に受け付けてはくれないので保護課への話の持っていき方も重要ですが、新しい部屋の初期費用さえ何とかなれば、生活保護を受けることも十分に可能だと考えます。指定の病院での医療費の負担もなくなりますし、病気の方には良いです。そして、そこから仕事を探したり、生活を再建すればいいのです。

生活保護の悪用は良くないのと思いますが、本当に必要な方こそ生活保護を使うべきです。

こんな状況の方は1人で悩んだり動いたりせず、相談してくださいね。

昨日は母の日でした

昨日は母の日でしたね。

全く意識してなかったのですが、「ちゃんとお花を飾るんだよ」とアドヴァイスくれた方がいたので、僕なりに母の日らしくしてみました(笑)

母親には本当に感謝してますが、色々と考えてたら、やっぱり、僕の行動や考えを尊重し、受け入れてくれてたことが特にありがたいな~~と思う今日この頃です。

感謝しかないですね☆ありがとう。

離婚を前提の話し合い

夫婦関係が上手くいかない場合、不満な部分について相手がなかなか改善してくれず「離婚」を考える方が多いと思われます。

でも、相手が応じてくれない時には、調停などの手続きもありますが、いきなりは・・・と思う方にとっては、どうやって進めたら良いのかって難しいところです。

そこで、今のところ僕なりに思ってる方法をここに載せておこうと思います。

それは、不満な部分や改善してほしい部分を伝え、それを受け入れてくれるということを約束した場合には、夫婦間契約書的な形で残しておくことです。そして、それと同時に約束が破られ、どうしても我慢できない場合のために担保のために離婚届を作っておくという方法が良いと思います。

もちろん、この方法の利用は慎重に行う必要もありますが、僕的には有効な手段だと思います。
本当なら、結婚する際に夫婦内での重要な取り決めをすることが一般的になるといいな~~と思ってるぐらいに、夫婦で尊重したいことなども含めた話し合い取り決めをすることって大事だと思ってます。

もしも、離婚をしようかな~~と思っておられる方がいましたら、今後のことについて話し合う際に取り決めなどされてみてくださいね。

契約書・事実の承認書の作成について

売買契約やお金の貸し借り等の際の消費貸借契約、何かがあった時の示談書など、個人間であっても契約書を使う機会って意外とあります。

最近では多くの方が雛形なんかを使っておられる方も多い気がします。
ただ、その雛形って便利ではあるんですが、そのまま使うのでは実情に合ってないことも多いから書き変えるのも大変です。

そこで、契約書や事実を承認する際にどんなことを意識して作成又は書き変える必要があるのかですが、
やっぱり、利用目的を意識することです。

契約で定めることによって民法などの法律の規定を任意で変更するという使い方もありますが、多くの方は、「トラブルがあった時の証拠にする」ということが一番の目的だと思われます。

例えば、売買契約したので対価はいつどのようにして払いますとか、お金を借りたよ~~とか、こんな不法行為をしたことは認めますとかを形として残すという目的です。

細かく書いた契約書や書面をとってなくても、契約の際の必要な事実を書いていれば、不履行があった時のことを定めてなくても法律が適用されて請求も出来ちゃいますしね。

なので、ご自身で契約書を作る又は修正する場合は、「契約の成立」が目的なら成立のために必要な内容を書く。
事実の承認なら、どんな事実、日付・期間、場所など証拠として残しておく必要がある具体的な内容を書くということを意識してもらえればと思います。

 

 

さて、ここで問題。

金銭の消費貸借契約は「〇月〇日 金銭を貸す約束をした」で成立するでしょうか?

答えは 「成立しない」

です。他に何が必要かに興味がある方は、金銭の消費貸借契約の成立要件の民法587条を確認してみてくださいね。

エルクラシコ(レアルマドリードVSバルセロナ)

先日、WOWOWで放送されておりましたレアルマドリード対バルセロナの試合を観戦しました。

この2チームの試合はいわゆるエル・クラシコ(伝統の一戦)と言われていて、現代においても最強の2チームの対決ということでかなり注目される試合です。

今回のクラシコは(も?)色々な意味で凄かった。
序盤から両チームとも得点を決めるし、イエローカードも出まくり(笑)
選手は白熱してるし、プレーの質も素晴らしかった。

いつもは録画で見るクラシコですが、バルセロナのサッカーにおいて象徴的な存在であるイニエスタ選手の最後のクラシコでもあるし、今回はリアルタイムでみました。

何としてもイニエスタ選手の最後のクラシコ(しかもホームゲーム)を勝利で飾りたいとの気持ちが伝わってくるし、レアルもそれに答えたような最高の試合でよかった。

レフリーのジャッジについては色々と言われてるけど、個人的にはレフリーのジャッジ傾向も含めて試合なんだと思ってますので、それはそれで仕方ないのかなとも。できればその場にふさわしい審判がジャッジして欲しかったですが(笑)

やっぱりサッカーに限らず戦いは、結果のみではなく、戦術的な部分や試合に挑む姿勢や歴史などを見るのが大事だと改めて認識させられた試合でした~~。

東福岡支部の総会・懇親会

先日、僕の所属する福岡県行政書士会東福岡支部の総会及び懇親会が行われました。

総会では主に29年度の活動や収支報告をして、30年度の活動と予算を決めました。
僕は支部の役員もさせて頂いてますが、任期は1期2年なので残り1年間引き続き続行させてもらいます。

そして、支部総会の後は、「博多百年蔵」での懇親会。
会館からの移動は少し距離がありますが、それでも雰囲気・料理、お酒も、最高の会場だったように思います。
今回は僕が知っている限りでは支部の会員が集まった最多なんじゃないかと思う人数の参加でした。
支部長が総会の中でお話されていました「支部の会員同士の交流を大事にしたい」との目的からすると大成功だったんじゃないでしょうか。

懇親会のお店やレクレーションの内容で、参加者が変わったり、支部の活動に参加するきっかけづくりにもなったりもしますので、役員をさせて頂いてることで、こういう場を作ることって大事なんだな~~ということがわかり、勉強になります。

 

今後の、支部の活動としては6月のレクレーションが最初となりそうですが、役員としましての活動は、支部の活動内容を決めたり、県会の総会に出席したりもあるので、5月頃に本格的な動きになりそうな気がします。

「東福岡支部って頑張ってるな~、面白そうだな~」と思ってもらえるような活動ができればいいな~と思ってます。